ウサギのちまき❤︎との日誌

ウサギと飼い主の生活

1ヶ月毎日ブログを書いて気づいた大切なこと

こんにちは。

ようやく1ヶ月毎日ブログを書くことができました。(別のブログ)

試したワケは、「自分にとって毎日アウトプットすることはどうなのか」を知りたかったから。

 

1ヶ月毎日ブログを書いて気づいた大切なこと

f:id:beautifuleveryday:20201113113802j:plain

 

「毎日ブログを書く」のは自分にとって課題でした。

気分が乗らないときは書かないので、それをあえて気分にかかわらず書くのは大変です。

でもそれを超えたところに何があるのか知りたい気持ちもありました。

 

結果として、 

いつもより意識して生活することができました。

 

記事のボリュームの違いはありますが、ただなんとなくではなく意識してブログに向き合えたのは良かったポイント。

でも良かったことだけでなく、良くないことにも気づきました。

 

インプットとアウトプットのバランス

 

良かったポイントもありましたが総合的に考えると、わたしには合わないと思いました。

理由はインプットとアウトプットのバランスです。

 

わたしにはインプットが多めの方が合うようです。

たくさんのインプットの中から、気になることを見つけそれを掘り下げていくスタイルが好みです。

 

あまり興味のないことについて書くのは苦手なので、好みのものを見つけることに必死になりすぎて生活が本末転倒になっている気がしました。

 

生活の中で夫やウサギのちまきへの対応がおざなりになったり、せっかくの風景を心から楽しんでいなかったり・・・。

「ブログにきちんと書かなくては」と意識しすぎて、その瞬間をちがう目線で見ていたような気もします。

 

良いような悪いようなで正解はわからないけど、なんだか自分にとっては不自然な気がしました。

どこまでも凡人です。

 

これからは自然体で書く

 

今までのわたしのスタイルは、旅行でもグルメでも意識していなかったので後で「あの写真撮っておけば良かった」とか「もっと現地で情報収集しておけば良かった」と後悔することも多々ありました。

 

でも自然に過ごしたことを後で記事に残すというスタイルは、アラばかりでしたが身構えず自然でした。

だからこそブログを書くことが楽しかったのかもしれない。

 

旅行情報誌やグルメ誌のような記事は、ちゃんとしたプロがいるのだから真似しなくても良いのかも。

個人サイトの強みやおもしろさを伝えられればいいかなと気分が軽くなりました。

これからはアラばかりでも自然体で書こう。

 

本日の朝食中のちまきどん

f:id:beautifuleveryday:20201113112641j:plain

 

どうも、お久しぶりのウサギのちまきです。

数日間のプチ断食を終え(?)、今はペレットも完食しています。

 

そう。

ダイエットしていたのですよ。(うそ)

おかげで少々スリムになった気がします。

 

でもやっぱり食べられるって嬉しいですね。

旦那さんも奥さんも、たくさん食べていると喜んでくれるのでなおさら嬉しい。

これでおやつのりんごチップスもたくさんもらえたら文句なしなんですけどねー。

さすがにそれは叶わないけど。

 

寒くなってきたのでそろそろ来そうな京都の底冷えにビビっています。

ではでは。