ウサギのちまき❤︎との日誌

ウサギと飼い主の生活

キュートな料理人レイチェル・クーの ”カレイのムニエル” がおしゃれ♪

こんにちは☺︎

お気に入りのキュートな料理人レイチェル・クー。

前はパリに住んでフレンチを紹介していましたが、今はスウェーデンに住んでスウェーデン料理を紹介しています。

彼女の料理番組で気になった料理を作ってみました。

 

知らなかった食材を1つ加えただけで、いつもより新鮮でおしゃれになった気がします♪

もちろん味も美味しかったですよ。(いつも自画自賛)

 

カレイのムニエル

f:id:beautifuleveryday:20191031183703j:plain

 

材料

 

カレイ切り身 2切

小麦粉 大2

塩  小1/2

黒こしょう 2つまみ

オリーブオイル 大1.5

バター 45g

レモン汁 半個(or 酢大1弱)

パセリ2

ケイパー 大1

 

 

作り方

 

※カレイは皮をはがしておく。

※パセリは刻むか、ちぎっておく。

 

  1. 小麦粉に塩・黒こしょうを混ぜる
  2. カレイにまんべんなくまぶし、余分な粉を落とす
  3. フライパンにオリーブオイルを入れ強火にかける
  4. 熱したらカレイを入れ中火で片面1〜2分こんがり焼く(裏も1〜2分)
  5. 焼けたらフライパンから出し、冷めないようアルミホイルで包んでおく
  6. キッチンペーパーでフライパンの油を拭く
  7. 中火にかけバターを入れ茶色くなるまで熱する
  8. 火を止め、レモン汁を入れる(はねるので離れて入れる)
  9. パセリとケイパーを加えて混ぜ合わせる
  10. カレイを取り出しフライパンに戻して、スプーンでソースをからませて完成

 

レモンがなかったのでお酢を代用したら、やわらかい酸味で美味しかったです。  

切り身のカレイを買ったので、骨が多くて食べづらさはありました。

でもその分、ゆっくり時間をかけて食べられますよ。

カレイの栄養成分は、驚くほどいろいろあるというのも初めて知りました。

ちなみにカレイは、1匹丸ごと買ってきてさばくと骨が取りやすいみたい。

 

つぶやき

f:id:beautifuleveryday:20191031184947j:plain

 

初めて使ったケイパーは地中海発祥のフウチョウボク科の木の実で、ヨーロッパではよく使われる食材です。

メインやサイドにはならないけど、添えると味が引き立つとっておきのアイテム。

 

薬膳でケイパーは、穏やかに体を温める働きや食中毒予防に優れ、肝臓と腎臓にも良いと言われています。

他にも、血糖値を下げたりダイエットにも効果が期待できます。

 

酢漬けと塩漬けとがあり、今回使ったのはワイン酢漬け。

魚料理のほかにもパスタや、刻んでサラダにも使えるみたい。

代用だとピクルスやらっきょうと同じイメージです。

 

近所のスーパーの缶詰コーナーにも置いてあり、60gで1瓶280円。

輸入物(スペイン産)だから高かった。

だいぶ贅沢ですが、初めて使ったカレイのムニエルがおしゃれな印象になりました。

1回に使った量は2人分で1/3なので、3回分と考えれば1回が90円ほどです。

料理で新しい食材を使うのも楽しいですね。

 

レイチェル・クーのレシピはおしゃれで斬新なのに、簡単そうに見えるので作ってみようという気になります。

ポイントをさらっと教えてくれるので分かりやすくてオススメ。

 

レイチェルのスウェーデンのキッチン - NHK

 

Thank you so much!!